読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

象牙の塔の下僕

【ゲームと哲学は僕の一部です】

【哲学】世界は「3」という数字で表せる!?

f:id:shaun_jp:20170313200838j:plain

結論

アリストテレスが考えた概念を用いれば、

世界を「3」という数字で表すことができます。

 

内容

これは古代ギリシャの哲学者「アリストテレス」の言葉です。

内容はとてもシンプルで数学的です。

 

理論

 ・1方向に分割できるもの → 線

 ・2方向にできるもの   → 面

 ・3方向にできるもの   → 立体

 

~そしてこれらのほかに他の大きさは存在しない。

 それは三つのものが存在するすべての方向であり、三つの方向がすべての方向であるからである。

(天体論から引用) 

 

考察

本文を読むと少しめまいがしそうですが、

確かに平面のことは2次元、立体のことは3次元といいますね。

このことをアリストテレスは「三分説」とよんだそうです。 

 

概念として説明してしまうと、日常や社会生活に縁がなさそうですが、

 

《そんなことはありません》

 

身近なところにもこの「三分説」が用いられています。

 

現代における「三分説」

 ・大中小

 ・上中下

 ・松竹梅

 ・序破急 など

 

「物事の両極端+中間」という概念をうまく表現していますね。

 

会社や学校のプレゼンでも説明の仕方に「ポイントが3つあります」というように使いますよね。

聞き手としても記憶に残りますが、それ以上にこの概念自体が洗練されていることが分かります。

 

最後に

この概念が紀元前に発見されていたことに驚きが隠せません。

先人の知恵、おそるべし。ですね。